Recruit
社員インタビュー

難しい問題を美しく解き、
世の中に新しい動きを創りたい

シニアアルゴリズムリサーチャー / 2016年 中途採用


関野正志

難しい問題を美しく解き、
世の中に新しい動きを創りたい

シニアアルゴリズムリサーチャー / 2016年 中途採用


関野正志

入社までの経緯は?
大学院で機械学習アルゴリズムの研究をしていたこともあり、新卒で入社したソニーでは研究所に所属しアルゴリズムの研究・開発に従事しました。その後、これまでの経験を膨大なデータを持っている事業会社で実践したいと考え、2度目の転職でソネット・メディア・ネットワークス(以下SMN)に入社。転職活動の際は、もっと技術に関して議論ができ、切磋琢磨して技術力を高められる環境に身を置きたいとの想いを重視し、この会社を選びました。
この会社を選んだ理由は?
エンジニアとして、自社サービスがあること、実際のデータでアルゴリスムの実践ができること、単一の機能の開発だけではなく中長期的な時間軸でじっくり研究開発に取り組めることを魅力に感じました。SMNのエンジニアチームは、高い技術力があり、最新の論文を活用しながら自社サービスや新たなアルゴリズムを作っていこうという気概があります。メンバー同士がお互いの強みを活かして弱みを補い、お互い学びながらチームで成果を出せる環境だと感じました。
会社の文化・雰囲気は?
エンジニアにとっては働きやすく、ある意味「実力主義」でもある環境だと思います。仕事に集中しやすいですし、上司が席にいるから残業するということもなく自分のペースで働いている人が多いです。社員個人の状況に応じた環境整備も進んでいる方ではないでしょうか。また、技術チームには声をかけにくい雰囲気がある会社もあるようですが、SMNでは部署を超えて質問や議論をしている場面もよく見かけます。フラットで言いたいことが言えて、仲間であることを実感できる組織風土です。
仕事内容とやりがいについて
今は研究開発部署「a.i lab.」のシニアアルゴリズムリサーチャーとして、DSP「Logicad(ロジカド)」の入札価格の最適化に取り組んでいます。広告運用はメンバーが手動で行う業務もたくさんあるのですが、それを機械学習でより速く高精度に実現するための機能を開発しています。このプロジェクトが始まった当初は、比較的スムーズに人が対応していることをアルゴリズムに置き換えられるだろうと考えていました。しかし、実際にやってみると本当に難しく、なかなか人力で行う運用のパフォーマンスを超えられない。そういった難しい問題を美しく解いていき、世の中に新しい動きを創っていくことにやりがいを感じます。
今後のキャリアプランをどう考えている?
日本にはまだ馴染みがないかもしれませんが、「企業研究者」を目指しています。プロダクト開発で世の中にインパクトをもたらす仕事と両輪で、その領域の研究や学術的な発信もできるような存在です。研究については、「難しい問題をこう解きたい」という自分の欲求を純粋に追及するという面もありましたが、論文を発表したりその知見をプロダクト開発に活かすことで、会社にも貢献できると考えています。また、将来的には興味のあるスポーツや教育の分野でアルゴリズムを活用したサービス開発に取り組んでみたいと思っています。

Recruit TOPへ戻る