SMN株式会社

採用情報

採用トップSMNで働く人S.K

何かを作り出せる仕事
夢を感じられる環境に惹かれた

学生時代は、コピーライターに憧れて養成講座に通っており、就職活動でもメーカーのコピーライターを志望していました。しかし、コピーライターは狭き門で、募集は各社1名程度と極めて少なく、なかなか内定が取れず苦労しました。そんななか、コピーライティングに少しでも携われる仕事がしたいという思いで、広告業界にも目を向けるようになりました。

広告業界の企業の話を聞いていくなかで、SMNを知り、ユーザーの視点でさまざまな商品やサービスを開発し、それをどのように広めていくかを真摯に考えている企業だという印象を持ちました。
そして、面談・面接と話す機会が増えていくにつれて、メーカーで限られた商品のコピーだけを考えるよりも、幅広い商品を扱い、いろいろなユーザーに対して有用な広告を提案できる仕事のほうが面白いかもしれないと考えが変わっていきました。
また、面接の際にコンテンツ作りやクリエイティブに携わる部署に将来的には身をおきたいという想いを正直に伝えたところ「やりたかったら自分で作ってみたら?」と言われたことも魅力の1つでした。もともと何もないところから何かを作るということが好きでしたし、自分でやりたい道を切り開ける環境があると聞いて、夢があると思えたのが大きな決め手ですね。

img_10_3

クライアントの要望をしっかり受け止め
「伝える能力」を高めていく

入社してLogicadの運用担当として経験を積み、現在はインサイト営業を担当。すでにお取引のあるお客様に対し、継続提案や新たな企画提案などを行っています。提案の際にはクライアントの改善点や課題を見つけ、Logicadの運用の調整をするのか、クリエイティブな施策を提案するのかという2つの軸で考えることを心がけています。

私が強みとしているのは、クリエイティブな面での改善策を考え、新しい提案をすることです。Logicadのデータを元に考察した訴求プランを伝え、クライアントに喜んでいただけたときは本当にうれしいですね。ネイティブ広告の提案では、LPのタイトルや記事内の文言などで意見を求められるので、学生時代に学んだコピーライティングの経験も生かせます。入社して2年ほどがたち、結果としてやりたかったことができていると感じますね。

また、運用を担当していた時は、営業担当を介してのやり取りだったので、相手に対しての「伝え方」を強く意識してはいませんでした。今は、直接代理店やクライアントとやりとりする立場になったので、相手が何を求めているか考え、自分の説明に対する先方の回答や質問を想定し、どうすれば伝わりやすいのかを工夫するようになりました。相手の反応を直接見て自分が提案した内容がきちんと伝わっているのかわかるので、自分をふり返り・改善の繰り返しをしていく中で「伝える力」も高められたと思います。

img_10_4

運用とクリエイティブを
ワンストップで提案できるようになりたい

組織としてまとまっていて、個人個人でもやりたいことをもっているところがSMNの魅力だと感じています。そんな人たちの中で日々を過ごしていると刺激を受けて、私自身のやりたいことも広がってきました。

実際、私には入社当初からクリエイティブの部署を立ち上げたいという夢がありましたが、その実現のためにもコピーだけでなく、デザインも自分でやってみようと思うようになりました。「このバナーとこのバナーどちらがいいですか?」とクライアントや社内から質問を受けたとき、デザインの知識があれば、提案に根拠が生まれると思うからです。ゆくゆくはクリエイティブ領域の制作・運用から提案までをワンストップできるようになりたいです。そのためにも運用・営業に加えて、デザインやコピーライティングの知見を身につけ、様々な領域で汎用的に使える企画が提案できたらと思います。

できるかな?と自分に対して不安になることもまだ多いですが、根拠はないけれど、「自分はこれがやりたい」「こんなことをやってみたら面白い」と常に可能性を信じて夢に向かって仕事をしている人と同じ場にいると、「自分もできる!」というポジティブ思考になり、さらにどうすればできるのかを具体的に考えるようになります。今後も夢を持ち続け、全力で自分の「やりたいこと」にぶつかっていきたいと思います。