SMN株式会社

採用情報

採用トップSMNで働く人Y.S

運用の経験を活かし
インサイト営業へ

大学では経営情報学を専攻。大学院では、統計とデータ分析を研究する研究室に在籍していました。研究がてらビッグデータに触れるうちデータ分析に興味を持ち、より大きなデータを扱ってみたいと思うようになりました。SMNに入社したきっかけは、大学・大学院で学んだことを活かせることと、面接時に「広告業界には人間の行動心理が読み解けるようなビッグデータがあるよ」と言われて惹かれるものを感じたことです。
入社当初は、「Logicad(ロジカド)」の運用を担当しました。現在はインサイト営業の業務もプラスし、Logicadアカウントの運用のほか、キャンペーンの設計の立案、現状の配信に対する分析などを行っています。
キャンペーンプランの設計については、これまでの運用の経験を活かし、ターゲティングに特化し、決定している目標について、どのようなアプローチが効果的なのか考察・提案しています。
配信の分析は、具体的には裏付け作業です。配信状況には波や変化があるので、クライアントの予想と運用側の予想に乖離が発生することがよくあります。クライアントの要望をヒアリングした上で、予想と結果のギャップを埋めるために配信結果を細かく分析し、結果から紐解いて事実ベースで説明をするのが私たちのミッションです。

img_08_3

インサイト営業の面白さは、
アプローチの自由度が高いこと

運用だけ行っていた頃と、現在のインサイト営業との違いは、直接クライアントの意見を聞き、ダイレクトにコミュニケーションが取れることです。クライアントとのやりとりは営業に任せて、運用に専念したいという人もいると思いますが、どのような運用手法やプランを選択するのか、その改善までのプロセスを考えたとき、私はクライアントの意見を直接聞いたほうがコミュニケーションロスを少なくできると考え、インサイト営業の要素を取り入れることにしました。広告も、キャンペーンも、何らかの意図をもって打ち出すわけです。数値だけで判断するのではなく、クライアントの意図や意向を直接ヒアリングし、自分が理解した上で運用に落とし込むことで、広告効果をより向上させられると考えています。実際に、運用からインサイト営業を一貫して行うことで、自分のやりたい形でいろいろなアプローチが可能になり、自由度がこれまでよりも広がりました。

多くのキャンペーンを設計していて気付いたことは、クライアントからある程度ゴールは示されますが、そこに至るプロセスは漠然としていることが多いということです。その分、プロセスは自分次第で何通りも考えることができ、やりたいことを具現化できるのがインサイト営業の面白さ。売り上げが確実に上がり、クライアントから感謝されると、自己満足ではなかったと大きいな達成感があります。同じ商材でもクライアントによっても条件が違うので、運用面で1つでも多くの勝ちパターンを蓄積し、いろいろなアプローチを引き出せるようになりたいと思っています。

img_08_4

誰からも必要とされる
「運用のプロ」を目指したい

学生時代は理系で日々研究にいそしんでいたので、就職後に営業を担当するなんて想像していませんでした。営業は文系的な職種というイメージが強かったからです。しかし、実際に仕事をしてみて感じるのは、何事もやってみないとわからないということ。運用も営業も、「考えることが好きな人」であれば、理系・文系による適性の差はないと思います。私も自分がどうすれば正解に近づくのかを考え、試行錯誤しながら経験を重ね、自然とビジネス思考に馴染んできたと思っています。
今後はインサイト営業の経験も生かしながら、さらに運用のスキルを極めていきたいと思っています。私は機械学習もAIも万能ではなく、人が介在しAIを活用することで最適かつ有益な提案をお客様に行うことができるはずだと思っています。DSPというツールをどう使うのか、AIの技術をどう活かすのか、他媒体、他のツールの特性を含めWEBマーケティング全体を熟知し、Logicadプラスαのアドバイスができる運用のプロを目指していきたい。代理店からも、コンサルタント的な立場でいろいろなことを相談できるパートナーだと思ってもらえるようになれたらうれしいですね。