SMN株式会社

採用情報

採用トップSMNで働く人新卒入社S.K

一緒に働きたいと思える人がいる
会社に行きたいと決めていた

SMNとの出会いは、私が海外留学から帰国して間もなく就活を始めたタイミングでした。まだあまり就職活動というものに実感が沸いていなかった中、採用担当の方にお話をさせていただいたところ事業に魅力を感じ、選考に進みました。
もともとは「アドテクノロジー」「WEB広告」といった業界知識が豊富だったわけではありませんでしたが、漠然と「広告」というものに興味をもっていて、そこから業界や個別の企業の特徴について自分で調べ、AIへの取り組みといったSMNの先進的な事業に面白みを感じました。また、「一緒に働きたいと思える人がいる会社」という軸で就職活動をしていた中で、SMNは話をさせていただいた社員の方の人柄がよかったこともあり、入社を決意しました。

img1_1-1

自分の殻に閉じこもって結果が出せずにいたとき
周りを巻き込む大切さに気づいた

入社してから3年目の今に至るまで、本社で営業を担当しています。1年目は新規顧客を開拓する役割だったのですが、お客様に一からアポイントメントを取り付けたり、売上を追いかけたりと右も左もわからない中で、ただただ混乱していたと思います。仕事って思っていた以上に大変なものなのだな・・・と実感し、上司や同僚に相談もせずふさぎ込んでいた日のほうが多かったです。

今思えば、自分が想像していたよりも社内が落ち着いた雰囲気だったことに対して勝手にギャップを感じていたんだと思います。相談しづらいと思っていたんですよね。また、周りを巻きこむという発想がなく、「私が質問するということは先輩社員の時間を奪っている」と費用対効果を意識しすぎて自分の殻に閉じこもっていました。そんな中で結果も出せずにいたところ、たまたますれ違った別部署の役職者に「お客様の規模にかかわらずやることは一緒だよ。だから先輩が大きいお客様を担当していたとしてもやることは変わらないし、聞くことも変わらない。」と声をかけられました。その言葉がきっかけで、上司やメンター、先輩に仕事の相談ができるようになり、営業同行もお願いできるようになり、結果として売上も達成できるようになりました。

img1_1-2-1

私らしい取り組みを創造し、
お客様や仲間に貢献したい

2年目、3年目と引き続き営業に従事して、今は新卒のときに目標にしていた大きな規模のお客様も任せてもらえるようになりました。また、昨今のお客様と対面でお話できない環境の中で新しい取り組みも提案させていただきました。これまでは、定期的にお客様先に伺い、担当者やそれ以外の方とフランクにお会いして課題をヒアリングしていたんです。今だとその方法は難しいので、WEB会議を活用して、私たちのプロダクトや実績をウェビナー形式でご紹介させていただく時間と、お客様とディスカッションする場を積極的に設けています。

新しいことに取り組むのはプレッシャーもありますが、SMNは自身のやるべきことに集中できるとても良い環境です。これはもちろん、私一人の力で成し得たのではなく、同僚や上司に助けてもらえたからこそだと思い、感謝しています。元々私は、深く考えるよりもまず行動!というタイプで、それがコンプレックスだったんです。でも、上司にはお客様に対しての誠実な対応や、創造的な取り組みを評価してもらえて自信が少しつきました。
今後は、後輩もたくさん入ってくるので、私が手本となってより大きなチャレンジしていきたいです。また、今の私自身の課題である深い洞察力と、客観的な視点を身に着けて行きたいと考えています。この2つの力をつけることで、今よりも多くの人と関わったときにも、お客様にとっても、会社にとっても貢献していける存在になりたいと思っています。そのためにも、売上実績といった結果は出し続けていきたいです。

同じキーワードでさがす