SMN株式会社

採用情報

採用トップSMNで働く人中途入社R.M

同じ状況にとどまらず、新しいことを学んで
ビジネスパーソンとして成長したい

ネクスジェンデジタルに飛び込むことは、私の中でかなり大きなチャレンジでした。

新卒で入社したのは、国連・政府系の国際会議や国内外の学術会議といった大規模なイベントを企画・運営する企業でした。もともと、新入社員として入社する企業は、なかなかできない経験がしたいと事業会社以外の企業を探していました。そんな中、出会ったのが前職でした。
政府関連や、学術関連のイベントが、厳かで規則も厳しいことは想像に難くないと思います。そういった社会性の高いイベントの運営に自分自身が携わっていることにやりがいを感じていました。

ただ、大規模なイベントというのは定期的に開催されることが多く、毎年同じ時期に似通ったことをすることのほうが多いです。そのため、年々慣れて、真新しさがなくなっていき、だんだんと「もうここでやるべきことは学びきったかもしれない」と思う日が増えていきました。もっと新しいことを学んでビジネススキルを磨き、成長したい。そんな思いを抱えながら、転職する決断をしました。

img5_1-1

180度違う環境へチャレンジし、
今では大手顧客の折衝を任せられるまでになった

転職をするなら、自分で考え、行動する自走できるベンチャーマインドのある環境で働きたいと思っていました。とはいえ、キャリアはきちんと築きたいので資本がそれなりにある環境でと、かなり欲張りな条件で探していたと思います。そこでたどりついた結論が、ソニーグループの中にありながら、色々な事業や試みがまさにこれからスタートする立ち上げ間もないネクスジェンデジタルでした。

インターネット広告業界は未経験、立ち上がったばかりで決まり事はほぼないに等しい環境と、これまでとは180度違う状況に身を置くのは正直かなり思い切った決断で、入社する前は不安もたくさんありました。

そして、ネクスジェンデジタルにジョインしてはや1年。本当にあっという間でした。最初は自社が扱う商材理解から始まり、学びながらお客様からの困り事をヒアリングしてデジタル広告を通じたマーケティング課題解決の提案をしていきました。今では、私が担当するお客様も増え、大手顧客との折衝もリードできるようになってきました。また、社内のメンバーも増え、お客様のために何ができるだろう?と議論し、協力しあえる環境が整ってきて、今後一層チャレンジングな取り組みができるとワクワクするまでになりました。

img5_1-2

チームでやるからこそ新しい発想が生まれる
そのために個人が成長し、
チームとしても強い会社にしていきたい

ネクスジェンデジタル代表の谷本や、役員の塚本はインターネット広告業界に長く身をおいているので、業界知識も、時流の理解も、経験に根付いた知見も私とは比べものになりません。にもかかわらず、二人はそれを鼻にかけるわけでもなく、現場に降りてきて親身に相談に乗ってくれます。そんな人間らしい上長たちの下、学びながら仕事をする日々はとても充実していますし、自分自身がもっと成長できる可能性を感じます。

また、組織が大きくなり、一人でこなすべきことが多かったフェーズから、チームとして物事に取り組むフェーズになってきたと肌で感じています。そして、私自身も個人でなくチーム・会社の成長を目指すよう意識するようになってきました。新入社員の受入れも部署でするようになったので、これまで培った知識や経験を下の世代にも伝えていきながら、ネクスジェンを更に強いチームにしていきたいです。そのためにも、私自身が今までとお客様と変わらず誠実に向き合い、成長していければと思っています。

同じキーワードでさがす