Topics
トピックス

[採用ストーリー] 分からなくても前に進む。アドテクの知識ゼロから活躍するに至る佐野由奈のストーリー

2018-02-01

Column

大学4年生の4月から就職活動をスタートしたという佐野由奈は、金融業界、メディア業界、広告業界に興味を持っていたと言います。「人に会ってきちんと話をすることを大切にしていた」という佐野の就職活動から、営業職として活躍する現在のストーリーをご紹介します。

会社選びのこだわりは、人間関係が作れる距離感

佐野「会社説明会では、どうしてもみんなと一緒に話を聞くというスタイルになってしまいます。興味を持った会社のことはよく知りたいので、積極的にOB・OG訪問をしていました。その中で、自分なりに働く上でのこだわりになりそうな軸が見つかってきました」

佐野が自分らしく働く上で大事にしたいと考えたのが「掌握感のある規模で、しっかりと一緒に働く人と人間関係を築くこと」でした。

佐野「大学時代に企業の人と一緒に商品開発や地域活性化のための提案をするプロジェクトに参加していました。様々な大学の学生や企業の人と関わる中で、小さなコミュニティの中で自分らしさを発揮する方がスタイルに合うかもしれないと思うようになりました」

 

チャレンジし続ける選択をしたいから、成長段階の会社に

就職しても一生同じ会社で働き続けるかは分からないと感じていた佐野ですが、ソネット・メディア・ネットワークスに入社を決めた理由をこう語ります。

佐野「働くということを真剣に考えていたときに、出世や保障を求めるよりも自分は新しいステージにチャレンジし続ける道を選びたいと考えるようになりました。入社をしないと実際のところは分からないものの、ソネット・メディア・ネットワークスで働こうと思ったのは、まだ成長段階の会社だと感じたからです。若い人の意見が通りやすいという話も聞いたので、自分の志向を活かしながらいろいろ提案していきたいと思いました」

 

強みを見直し営業のやりがいを実感

佐野は、2017年4月に入社後、東日本営業部でLogicadの営業を担当しています。入社時には、AD Techに関する知識はほぼゼロ%だったと振り返る佐野も、今は営業としてのやりがいを実感しています。

佐野「入社した時は、WEB広告の配信システムを開発して売っている会社という程度の理解しかありませんでした。ですから、入社したての頃は『入るところを間違えてしまったかもしれない…』という気持ちになりました。日々、本当に勉強することばかりですが、大変ではあるもののやりがいを感じるようになっています。入社3カ月目で新規案件の受注をしたお取引を、拡大できています。営業として自分が行った増額提案を受け入れていただいた時には、やはり嬉しかったです。成果が目に見えるのは、大きなやりがいを感じます。」

このような成果を実感する前には、思うようにいかず悩んでいた時期もあったと言います。佐野はどのようにして成果がでない時期を乗り越えたのでしょうか?

佐野「もともとポジティブだということもありますが、状況は嫌だと思えば思うほど悪くなるものだと思います。自分のキャラクターの良い面に目を向けるようにして、『自分は相談したいと思ってくれる人がいたら、頑張れるタイプ』であることを活かそうと思いました。分からないことがあったら、的確な質問をすればいいという気持ちで、上司や先輩の力を借りながら、仕事をするようにしました。悩んだときは色んな人にまず相談するようにしていますね」

 

営業でよかった!できることを増やして、チームに貢献したい

もともとデスクワークよりも営業が向いていると感じていた佐野ですが、実際に営業職となってもその気持ちに変わりはありません。

佐野「人見知りしない、年齢が離れていても誰とでも話ができるという自分の強みを、代理店さんとのコミュニケーションの中で活かしていく方法を見つけつつあります。仕事で成果を出すにも、まずは信頼関係が必要です。硬くなりすぎず、フランクになりすぎないラインでこれからも関係づくりをしていきたいです。営業としては、ファーストレスポンスの速さも重要です。多くの顧客を担当してもこうした基本を徹底していきたいです。もちろん、厳しさはありますが、営業で良かったと心から思います。」

将来的には事業やプロジェクトを切り盛りするプロデューサーの役割も担ってみたいと語る佐野。短期的には、まずはチームに貢献できる自分でありたいと語ります。

佐野「上司、教育担当の先輩とは、非常に良い関係ができています。自分の興味や志向を活かせる案件をアサインしてくれるなど相談しながら仕事が進められています。営業活動を通して、社外の情報やマーケットの一次情報を知ることができますので、これからもしっかり勉強していきたいです。自分のできることを増やすことも大事ですが、早くチームに貢献していきたいです。自分に時間を使ってくれている上司や先輩には感謝のいっぱいです。その感謝をチームへの貢献という形できちんとお返ししていきたいと思います」

佐野由奈: 2017年4月新卒入社。現在、営業部所属

ソネット・メディア・ネットワークス 採用募集一覧:

https://www.wantedly.com/companies/so-netmedia/projects

Facebook:https://www.facebook.com/sonetmedianetworks/

 

本件に関するお問い合わせ先

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
経営企画部 広報担当