Topics
トピックス

【あいつがいれば何とかなる。そんな存在へ】更なる高みを追い求め、研究を重ねる新卒エンジニア

2019-03-12

Column

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(以下、SMN)は、ソニーグループのマーケティング・テクノロジー会社として、確かな技術力と豊かな発想力で、最先端の広告配信サービスを提供している。主力事業であるDSP(Demand Side Platform)は、20TB相当のビッグデータ高速処理技術と自社開発の人工知能エンジンを基盤に成長を続けており、マーケティング領域での新規事業も展開している。

2000年設立、2015年東京証券取引所マザーズ上場。

今回はそんな事業が急成長、急拡大を迎えているSMNの2018年度新卒1年目の社員に焦点を当て、インタビューを敢行しました。今後の飛躍の一端を担う次世代メンバーが、いかにしてSMNに入社し、現在どのような想いで日々活動しているのかなどを赤裸々に本音で語ってもらいました。今後の期待の若手メンバーの“素顔”が今回明らかになります。

第十六弾は日々最先端の技術と向き合う部署で働くショウへインタビューを敢行いたしました。どこか落ち着いた雰囲気を醸し出す彼がなぜSMNへ入社したのか、現在はどのような想いで最先端技術と向き合っているのかなど、彼の素顔に迫りたいと思います。

ショウ・フェイチョン
a.i.lab.
アメリカの大学出身でアーチェリーの練習に励む日々を送る。
ボストンキャリアフォーラムにてSMNと出会う。
日本へは学生時代に何度か訪問した際に日本の良さに触れる。
現在はa.i.lab.にて機械学習などの最先端技術の研究・開発に従事。

(取材:株式会社AMBAI水野)

人の役に立つ最先端技術を追い求める日々

― 現在はどのようなお仕事をしているのですか?

今はa.i lab.という部署で自社サービスの開発に取り組んでいます。機械学習の技術などを研究する部署で日々仕事をしています。

― 学生時代からそのような最先端の技術には興味があったのですか?

そうですね。最先端技術の研究などをやってみたいなという思いはありました。私は誰かの役に立つことで喜びを感じるタイプなので、最先端の技術を世の中に広めて、誰かの生活や仕事の役に立つようなことをしたいとは思っていましたね。

― 今は自分のしたいことが出来ている感覚はありますか?

その感覚はありますね。最先端の技術に常に触れながら仕事が出来ているので、とても楽しみながら仕事が出来ている感覚はあります。ただ、やはり自分はまだまだだなと思うことがたくさんありますね。

― それはどのようなことですか?

最先端技術の研究をしていると、目の前の研究に没頭しすぎて、何のためにこの研究をしているのかを見失ってしまう瞬間があります。どんな研究をしていても企業としてサービスを提供する側としては、最終的にどのような形でお客様のメリットとなるのかをイメージしながら研究するからこそ、世の中に新しい価値が提供できると思っています。価値を感じるのはあくまでお客様なので、その目線が無くなってはいけないという思いがあるので、そこをイメージ出来ていない部分があることが今の課題ですね。

― その課題を克服するためにやっていることなどはありますか?

特に意識していることではないですが、社内のメンバーとのコミュニケーションの中でふと何のためにやっているのかを忘れてしまっている自分に気づくことがあります。そういう時間は大切していきたいなというのはありますね。

自分に合う環境を求めた就職活動

― 周囲が自分の状態に気づかせてくれることはたくさんありますよね。そんなショウさんはどのような就職活動をしていたのですか?

アメリカの大学に通っていましたので、ボストンキャリアフォーラムというアメリカで行われている就職活動イベントに参加したりしていました。100以上の企業がそのイベントに参加していたので、どの企業の説明を聞くか色々悩みましたね。その中で本当にたまたまSMNのブースに立ち寄って、人事の方と話をしたのがSMNとの出会いでした。

― それだけ多くの企業がある中でなぜ最終的にSMNに決めたのですか?

SMNへ入社しようと思った理由は、SMNの仕事内容や社内の雰囲気が自分に合っていると思ったからですね。

― 具体的にどういうところが自分に合っていると感じたのですか?

まず、仕事内容としては広告という軸はあるものの、様々な業界と密接に関連している事業だと聞いたので、特定の枠に囚われずに幅広く仕事が出来るのではないかと感じました。自分自身の性格として、何か1つだけをやり続けるというよりは、様々な新しいことにどんどんチャレンジしていく方が合っているので、幅広い分野に関われるというのは魅力的でしたね。SMNなら常に新しいことにチャレンジ出来る環境で働けるのではないかと感じたので最終的に入社を決めました。

― 日本で働くことに抵抗はなかったのですか?

それはなかったですね。むしろ日本で働きたいと思っていました。学生時代に何回か日本に来たことがあって、日本のおもてなしの精神や温厚な人柄に惹かれていたところはもともとありました。長期的に働くうえでは非常に良い環境だとその時から感じていたので特に抵抗感はありませんでしたね。

自分に合う環境で挑戦を繰り返し、信頼される存在になりたい

― 実際に入社してみていかがですか?入社してみて感じることもあると思いますが。

入社してみて改めて感じたのは、年齢に関係なく意見を汲み取ってくれる文化があるということですね。例えば、新人の私が何か意見を言っても流すことはせずに、その意見について真剣に議論してくれるので、会社の戦力になっている感覚はありますね。

― そういう文化があると若手の方もどんどんチャレンジしやすいですよね。

そうですね。自分が主体的に仕事をすれば、周囲が力を貸してくれる文化がSMNにはあるので、これからどんどんチャレンジしていく上では非常に良い環境だと感じています。

― ショウさんはどのようなことに今後チャレンジしたいですか?

まだ具体的に何かがあるわけではないですが、5年以内には色んな知識がある人になっていたいというのは思いますね。そういう人になって、周囲から頼られる存在になっていたいです。今はやはり周囲の人に助けられる場面が多いですが、逆に人を支えられる人になって「ショウに聞けばなんでも解決する」という信頼を築いていきたいですね。そういう状態になれば出来ることが増えているはずなので、やりたいこともどんどん見つかって、楽しい人生になりそうだなと。今はなりたい姿を思い描きながら日々仕事に打ち込んでいるといった感じですね。

― 最後にショウさんにとってSMNはどんな会社なのかを聞かせてもらえますか?

一言でいうのは難しいですが、間違いなく私が感じているのは、自分のやりたいことが出来る会社ということです。もちろん、会社の成長に繋がることであることは必要ですが、何かやりたいことがあればそれをどんどん発信出来る雰囲気が社内にありますし、それを相談すれば出来ない理由ではなく、どうすれば出来るかということを一緒になって前向きに考えてくれる仲間がいます。私みたいに何か今すぐにやりたことが具体的になくてもなりたい姿を見つけることは出来る環境だと思うので、若手のうちからどんどん成長していきたいという人には良い環境ではないかなと思っています。

取材を終えて。 社外インタビュアー水野より
淡々と受け答えをしてくれたショウさんでしたが、新しいことにチャレンジしたいという静かに燃える想いが伝わってきた取材でした。また、ただ単に技術開発をするだけではなく、顧客のメリットまで考えないといけないということを真剣な眼差しで語ってくれたのも印象的でした。ここまで顧客目線の新卒エンジニアにはあまり出会ったことがないですね。またお話を聞きたいと思います。

本件に関するお問い合わせ先

経営企画管理部 組織開発課 採用担当者