お問い合わせ English

代表挨拶

情報通信技術の進歩を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る

ソネット・メディア・ネットワークス(以下、SMN)は、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の3つのコアテクノロジーを軸にマーケティング・テクノロジー事業を展開する事業会社です。

SMNでは、2011年からアドネットワークの進化版ともいうべきDemand Side Platform(DSP)『Logicad(ロジカド)』を提供しています。これは、ウェブサイトに訪れたユーザーの特性を瞬時に判断し、そのユーザーに最も適した広告を割り出して配信する、新しい広告配信ソリューションです。

『Logicad』はウェブサイトに広告を表示する権利を得るために、システム間で行われるオークションに参加しています。1回の処理で数億人分のデータを参照し、そのユーザーに最も適した広告を割り出し、最適な入札価格を計算する、それを毎秒数万回行う――そういった気の遠くなるようなことを世界最高レベルで実現するため、大規模なデータをリアルタイムに処理するためのシステム構築技術、金融工学のノウハウを活用した、入札価格の自動最適化技術に注力しています。さらに、2014年には新たにR&Dラボを設立し、人工知能『VALIS-Engine(ヴァリス・エンジン)』の開発を行っています。これは、商品やサービスに興味関心のあるユーザーを素早く見つけ出し、態度変容の兆しを捉えて最適なタイミングで最適なメッセージを届けることを可能にするものです。

2015年には、ミッションを「情報通信技術の進歩を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る」、ビジョンを「発想力と技術力で社会にダイナミズムをもたらすユニークな事業開発会社」と定め、心機一転さらなる飛躍を目指しています。

インターネットや情報技術はどんどん発展しています。私たちはそうした進歩をとらえ、人びとにとって使いやすいモノやサービス、存在に気づかなくても人びとが心地よく感じられるようなモノやサービスを創出し、提供してまいります。それによって、一人ひとりが心から笑顔になれるような未来=『愉快なる未来』を創っていきたいと思っています

そのミッションを実現するために、強みとなる技術を活用しながら、新しい事業をどんどん立ち上げていきたい、また、いたずらに今ある競争の渦中に飛び込んで規模を追うのではなく、新しい分野を開拓していくことに挑戦していきたいと考えています。その思いを、「ユニークな事業開発会社」という言葉に込めました。

これからも、私たちは発想力と技術力を磨き、新しい事業を次々生み出すべく、尽力してまいります。今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。