Topics
トピックス

ソネット・メディア・ネットワークス、サイバー・コミュニケーションズが運営するアドエクスチェンジ『OpenX Market Japan』へRTB(リアルタイムビッディング)に対応した広告配信を開始

2012-04-13

Press Release

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:穂谷野智)は、この度、当社が運営するディスプレイ広告の配信最適化を実現するエンジン『Logicad』を通じて、株式会社サイバー・コミュニケーションズが運営する、オンラインアドエクスチェンジ『OpenX Market Japan』へのRTB(リアルタイムビッディング ※)に対応した広告配信を開始いたしました。

『OpenX Market Japan』とは、株式会社サイバー・コミュニケーションズが米国OpenX Technologies 社と提携し、『OpenX Market Japan』として日本国内で提供しているアドエクスチェンジで、全世界で月間3,500 億インプレッション以上の広告を配信しています。

広告出稿企業は、今回の配信開始によって、既にソネット・メディア・ネットワークスの『Logicad』が接続済であるアドエクスチェンジ『DoubleClick Ad Exchange 』と合わせて、より広範囲な広告枠に対して、RTBによる最適な広告配信を行うことが可能になり、さらなる広告効果の向上が期待できます。

※ RTB(Real Time Bidding)
1 インプレッション毎にリアルタイムで入札が行われる仕組み。閲覧ユーザーや広告掲載面、フリークエンシーなどの情報を分析して、最適と判断できる場合にのみ入札を行うため、広告出稿企業に対し、より費用対効果の高い効率的な広告配信を提供することが可能となります。

 

本件に関するお問い合わせ先

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社
経営企画部 広報担当