Topics
トピックス

「オフィス環境の健康状態」を共同調査 ~オフィス内を測定し、健康状態をチェックすることで、従業員のシアワセを醸成へ~

2019-03-18

Press Release

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)は、この度、いであ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:細田 昌広、以下 いであ)、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、以下 エムスリー)の協力のもと、オフィス環境の健康状態のチェックを目的とした共同調査を行いました。

今回の共同調査では、SMNのオフィス内2ヵ所を対象に、いであの「お部屋の健康診断®」に検査を依頼し、測定結果に対して複数医師のコメントを得るものです。

SMNオフィス内のテーブル、床、壁を測定ポイントとして、空気清浄ファン(「Dyson Pure Cool™ 空気清浄タワーファン」)の導入前後を対象に、オフィスに存在するアレルギー源となる生物のDNA量(カビ、スギ・ヒノキ由来のホコリ、ダニなどのアレルギー関連物質)や、バクテリアの数量を測定し、衛生状態を評価します。

 

【調査概要

◇調査時期

・空気清浄ファン導入前:2018年12月17日

・空気清浄ファン導入後:2018年12月19日

◇測定オフィス:SMN大崎オフィス 2ヵ所にて測定

◇測定ポイント(検体採取場所):同オフィス内のテーブル、床、壁を計測

◇検体検出方法:「お部屋の健康診断®」の検査キットにより、測定ポイントにおいて「ふき取り」で検体を採取

◇測定方法:定量的PCR(ポリメラーゼ連鎖反応/Polymerase Chain Reaction)法

◇検査項目

1. バクテリア

2.カビ

3.スギ・ヒノキ由来のホコリ

4.ダニ

 

 

【調査結果サマリー】

SMNオフィス2ヵ所(以下、【オフィス1】、【オフィス2】)における空気清浄ファンの導入前後の測定結果では、ともに以下の内容となりました。(※測定結果の数値1~50のなかで、高数値がDNAの検出量が少なく、快適度が高い)

【オフィス1】の測定結果のコメント

導入前の測定では、テーブル周辺のバクテリアが平均的に検出されている以外は、平均以下の検出量でした。一方、空気清浄ファン導入後の測定結果では、導入前に平均量が検出されたテーブル周辺のバクテリアも平均以下の検出量に改善され、4項目全てで「かなり少ない」検出結果となっています。

【オフィス2】の測定結果のコメント

導入前の測定では、床周辺のスギ・ヒノキ由来のホコリが平均的に検出されています。一方、空気清浄ファン導入後の測定結果では、床周辺スギ・ヒノキ由来のホコリも改善され、4項目全てで「かなり少ない」検出結果となっています。

この結果内容から、空気清浄ファンの導入は、カビ(アレルギーを引き起こす物質)や、花粉由来のホコリ(花粉症などのアレルギーを引き起こす花粉)などの物質を減少させることで、オフィスの健康状態改善の一助となることがわかりました。

これらの物質から引き起こされるアレルギーの各症状は、従業員の日常業務におけるプレゼンティーイズム(出社しているのにも関わらず、心身の状態の悪さから生産性が向上しない状態)の要因となり、オフィス内環境のリスクと言われています。

なかでも花粉症は、代表的なスギ・ヒノキ由来の花粉以外にも、約60種類の花粉アレルギーが報告されています。また時期についても、スギ・ヒノキ由来のピークである春シーズン以外の他の季節にも、花粉が飛散しているため、年間を通じた対策が必要となっています。

【参考】測定結果に基づいた医師のコメント(エムスリー協力)

今回の測定結果について、日本の医師の約9割が登録するm3.com会員医師のうち、呼吸器内科、呼吸器科、アレルギー科を標榜する医師に「改善後のオフィスでの勤務をすすめたいか」と聞いたところ、9割の医師が推奨(「とても勧めたい」「勧めたい」)すると回答しました。(n=147)

◇医師の推奨理由に関するコメント

「オフィスに来ると咳、鼻水が出ると訴えて外来を受診する人が多く、その多くはオフィスのビルが古く、空調が古い環境で働いています。こういった患者さん、事業者にお勧めします」(58歳 呼吸器科 男性医師)

「ハウスダストやダニにアレルギーがある方に勧めたい。症状が改善されれば作業効率も良くなります」(47歳 アレルギー科 女性医師)

「環境因子は職場ならず、どこにいても極めて重要なポイントです。特に1日に過ごす時間が多い、職場ではなおさら必要です」(54歳 呼吸器内科 男性医師)

SMNでは、「個人の健康は、個人の人生における「シアワセ」にも大きく寄与し、その結果として、組織の「シアワセ」と健康経営が実現される」をモットーに、健康経営施策を実践しています。なお、本年2月に、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定されました。

【健康経営フレーム】

今後も当社では、「社員ひとり一人の健康は、社員ひとり一人のシアワセに大きく寄与し、結果として企業の生産性向上を実現する」という独自の健康経営宣言のもと、社内におけるオフィス環境の健康状態の向上のほか、各種健康施策を実施していきます。

以 上

◇参考情報「Dyson Pure Cool™空気清浄タワーファン」について

Dyson Pure Cool™ 空気清浄ファンは、9メートルあるHEPAマイクログラスファイバーの高密度フィルターが、PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去します。アレル物質やバクテリア、花粉、カビなども逃しません。吸収効率を高めるためトリス緩衝液を浸透させた活性炭フィルターが、NO2、ホルムアルデヒド、ベンゼンなどを含む有害ガスを取り除きます。Air Multiplier™ テクノロジーと350°首振り機能を備え、部屋の隅々にまできれいな空気を送風できる空気清浄ファンです。

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社概要

2000 年 3 月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理、人工知能、金融工学の3つの技術をコアとし、DSP「Logicad」をはじめとするマーケティングテクノロジーに関する様々なサービスを提供しています。

■ ソネット・メディア・ネットワークス株式会社

URL https://www.so-netmedia.jp/

 

いであ株式会社 概要

1968年9月設立。社会基盤の形成と環境保全の総合コンサルタントとして、主に官公庁、大学、民間等へ企画・調査・分析・予測・評価・計画設計・対策管理等の技術を多数提供しています。「分析技術」に関しては、先端的な遺伝子解析技術により、アレルゲン検査、食品関連検査等を提供するとともに、「お部屋の健康診断Ⓡ」サービスでは、室内の衛生状態がわかる新しい遺伝子検査を提供しています。※「お部屋の健康診断」は、いであ株式会社の登録商標です。

エムスリー株式会社 概要

2000年9月設立。医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、日本の臨床医の約9割にあたる27万人以上の医師会員に対し医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供しております。一般企業向けには、セカンドオピニオン取得などで最適な治療方針の見定めを支援し、従業員の健康と生産性を高める健康経営ソリューションM3 Patient Support Programを提供しています。

※ 記載されている会社名および商品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

 

本件に関するお問い合わせ先

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社 経営企画管理部 経営企画課 広報担当