Topics トピックス

2020年11月度テレビCM放送回数ランキング発表 ~これからくる寒い季節に備えたCMが多数ランクイン~

2020-12-09

Press Release

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)のグループ会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2020年11月度に全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し集計しましたので、お知らせいたします。11月度のランキングでは、暖房家電、加湿器や風邪薬などこれからくる寒い季節に備えたCMが多く見られました。

■2020年11月度の概要
11月度の商品別ランキングでは、10月度の3位から順位を上げたニトリが1位となりました。セラミックファンヒーター・加湿器などの家電やこたつなど冬の生活必需品を前面に出したクリエイティブで、これからくる寒い季節を快適にする生活環境を提案しています。

10月度378位から大幅に順位を上げたワイモバイル「Y!mobile」が6位、10月度12位にランクインしていた楽天「Rakuten UN-LIMIT V」が8位にランクインしており、格安スマホのユーザー獲得競争の激化がうかがえます。

また、冬らしい商品が増えてきました。9位龍角散「龍角散ダイレクト」は空気の乾燥からくる喉のケア、10位の武田コンシューマーヘルスケア「ベンザブロックプレミアム」や15位の興和「コルゲンコーワIB錠TXα」は風邪薬と、季節の変化による体の不調をケアする商品がランクインしました。

13位のソニーネットワークコミュニケーションズ「NURO光」は、当たり前になりつつある在宅勤務を超高速インターネットで快適な環境作りを提案するクリエイティブになっています。

■2020年11月度 エリア別テレビCM放送回数ランキング
商品別テレビCM放送回数ランキングで1位のニトリは、東京1位、大阪1位、名古屋1位、福岡2位、札幌2位とエリア別ランキングでも上位にランクインしています。

大阪地区7位には国民的ゲームキャラクターをモチーフにしたレゴジャパン「レゴ スーパーマリオ」がランクインしています。CM業界では早くもクリスマス商戦が始まっていることを感じさせます。

札幌地区9位のDelivery Hero Japan「Foodpanda」は、withコロナ時代で主流になったフードデリバリーサービスのアプリです。2020年9月に日本でのサービスを開始し、現在のサービス対象エリアは6都市と限られていますが、対象エリアは今後拡大予定とのことで、フードデリバリーサービスの二大巨頭であるウーバーイーツや出前館などのサービスにどこまで迫るのか注目です。

■調査概要
【調査期間】2020月11月1日~11月30日
【対象】全国地上波25局、BS放送6局
【調査方法】動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

■お問い合わせ
本ランキングに関するお問い合わせは、下記サイト内の問い合わせフォームより受け付けております。
・サイト:https://www.zeta-bridge.com/

■株式会社ゼータ・ブリッジ < https://www.zeta-bridge.com/ >
2001年10月に設立。要素技術の積み上げではなく、「目、耳など五感から得た情報を人間の脳がいかに処理し、そして感じているか?」を原点とした様々なアルゴリズムを独自に開発しています。人間の感性を超える認識テクノロジーでお客様の課題を解決いたします。テレビCMメタデータ販売、音声・画像認識エンジンを利用したサービスを提供しています。

■SMN株式会社 < https://www.so-netmedia.jp/ >
2000年3月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォーム「Marketing Touch」のほか、テレビ視聴データ広告配信サービス「TVBridge」を新たに提供するなど、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。

※記載されている会社名、団体名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

SMN株式会社 コーポレートカルチャー&リレーション推進課 広報担当:堀越