Topics トピックス

2020年9月度テレビCM放送回数ランキング発表 ~人々の生活に寄り添ったテレビCMへ~

2020-10-08

Press Release

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)のグループ会社である株式会社ゼータ・ブリッジ(本社:東京都品川区、代表取締役:安藤 尚隆)は、2020年9月度の全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し集計しましたので、お知らせいたします。9月度は、新型コロナウイルス感染症の拡大以降初めて、コロナウイルスに関連しない、人々の日常に即したクリエイティブが目立ちました。

■2020年9月度の概要
2020年9月度の商品別ランキングでは、1位のソニー損害保険『ソニー損保の自動車保険』、2位のチューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド『スーパー自動車保険』がそれぞれ順位を上げ、自動車保険が1、2位を占める結果となりました。9月は4連休があり、外出する方が増えることに備えて、各社放送回数を増やしたのではないでしょうか。
今回のランキングで目立ったのは、4位のUQコミュニケーションズ『UQ mobile』、8位のワイモバイル『iPhone SE』、19位の楽天『Rakuten UN-LIMIT2.0』の格安スマホサービスです。各社、お得感を演出するため、基本料・通話料の安さを前面に押し出した内容になっております。大手キャリアの中で唯一上位にランキングされたKDDI(au)『au PAY』は、キャッシュレス決済とマイナポイントについて、おなじみの三太郎がコミカルに紹介するクリエイティブとなっています。
9位の日産自動車の企業CMは、木村拓哉さんを起用し、自動運転や電気自動車の取り組みを、スタイリッシュに描いています。また、CMでは、2021年に発表予定の新型電気自動車『ARIYA』の姿を見ることができます。

■2020年9月度 エリア別テレビCM放送回数ランキング
2020年9月度のエリア別テレビCMは、Indeed Japan『Indeed』が目立ちました。商品別ランキングでは6位にランクインし、エリア別ランキングでは、東京6位、大阪3位、名古屋4位と、3つの都市部を中心にランクインしております。CMのクリエイティブは、テレワークなどコロナ後の新しい仕事探しを提案する内容になっています。
札幌9位の住友ゴム工業『WINTER MAXX 03』は、福山雅治さんを起用し、他エリアよりも一足早く冬支度を呼びかけるクリエイティブです。

■調査概要
【調査期間】2020月9月1日~9月30日
【対象】全国地上波25局、BS放送6局
【調査方法】動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

■お問い合わせ
本ランキングに関するお問い合わせは、下記サイト内の問い合わせフォームより受け付けております。
・サイト:https://www.zeta-bridge.com/

■株式会社ゼータ・ブリッジ < https://www.zeta-bridge.com/ >
2001年10月に設立。要素技術の積み上げではなく、「目、耳など五感から得た情報を人間の脳がいかに処理し、そして感じているか?」を原点とした様々なアルゴリズムを独自に開発しています。人間の感性を超える認識テクノロジーでお客様の課題を解決いたします。テレビCMメタデータ販売、音声・画像認識エンジンを利用したサービスを提供しています。

■SMN株式会社 < https://www.so-netmedia.jp/ >
2000年3月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。
現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」をはじめ、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォーム「Marketing Touch」を提供することで、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。

※記載されている会社名、団体名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

SMN株式会社 コーポレートカルチャー&リレーション推進課 広報担当:堀越