SMN株式会社

採用情報

採用トップSMNの仕事SMNヒストリー

SMNの仕事

SMNヒストリー

  • インターネット黎明期
  • リスティング・コンテンツマーケティング広告の出現/インタレストマッチなどターゲティング手法の確立/興味関心連動型広告・アドネットワークの誕生

  • 2000

    3月 設立

    インターネットバブル

  • 2008

    3月 ソニーグループ傘下

    リーマンショック
    iPhone発売

  • 2009

    8月 SCAN 提供開始

    ソニーグループの高い技術を駆使した成果報酬型コンテンツマーケティングサービス。

  • 2010

    7月 広告事業移管

    ソネット(現:ソニーネットワークコミュニケーションズ)より、広告メディア事業を移管。

    スマートフォンブーム

  • アドネットワーク隆盛
  • DSP・SSP/動画広告の出現/DMP・CDPの出現/AWSによる開発のクラウドシフト

  • 2011

    日本初の
    DSPがリリースされる

  • 2012

    4月 DSP Logicad 提供開始

    大規模な配信ログ、オーディエンスデータを高速かつ安定的に処理することが可能なシステムインフラを備え、独自のアルゴリズムを用い、RTBも対応した自社開発の広告配信最適化プラットフォーム。

  • 2015

    12月 東京証券取引所マザーズ市場への上場を承認

    フルマネージド型DSPサービスとしてきめ細かい運用を強みに競争力を高めてきた「Logicad」と、アフィリエイト事業「SCAN」がともに牽引し、2015年12月22日マザーズ市場上場。

  • 2016

    4月 ソネット・メディア・トレーディング株式会社 設立

    2009年より展開しているクローズド型アフィリエイトサービス「SCAN」を中核事業として、同事業の特性を踏まえた柔軟な組織運営とスピーディーな意思決定の実現を図るとともに、メディアに対する収益化支援サービスの拡充を目ざるものとして子会社化。

    海外連結子会社ソネット・メディア・ネットワークス台湾(台灣碩網媒體網路股份有限公司/台湾SMN) 設立

    AIブーム

  • 2017

    12月 VALIS-Cockpit 提供開始

    SMN独自の人工知能「VALIS-Engine」とヒューマンリソースを融合した、マーケティングハブ。大規模な行動ログの分析・可視化を通して、これまでにない新たなアプローチにより、マーケティング課題の発見やターゲットユーザーのインサイト理解に貢献するマーケティングソリューション。

  • 2018

    6月 O2O事業 Marketing Touch 提供開始

    様々なWebマーケティングおよびタッチポイントと連携し、Web行動履歴と来店・購買データを紐づけ、ターゲットとなる消費者の特定やインサイトの抽出をするほか、マーケティングコミュニケーションの最適化を行う、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォーム。販促効果の向上や、実店舗の収益最大化を支援。

    8月 株式会社ゼータ・ブリッジ 子会社化

    過去にも「Logicad テレビCMリアルタイム連動型広告」を通して連携をしていたゼータ・ブリッジ社との技術的分野を含めた連携強化を目的に、同社の株式を取得、連結子会社化。ゼータ・ブリッジは、音声・画像認識技術に強みを持つ。

    12月 Logicad for Publishersを開始

    広告主ごとに合わせた、独自の広告枠の買付け、プランニングを実現するサービス。事前に広告主からプロモーション目的に対する要望や条件を確認したうえで媒体社と連携し、DSP「Logicad」経由で効果的な広告枠を提供する。

    12月 大日本印刷株式会社とSMN 広告配信プラットフォームで協業を発表

    大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、SMNが提供するDSP「Logicad」の広告枠買付、運用に関するパートナー契約を締結。DNPのグループ書店である株式会社丸善ジュンク堂書店が持つ書誌データや日本最大級の書籍分類を活用するほか、ハイブリッド型総合書店hontoの通販ストア内のWebサクセスデータをSMNが開発した人工知能「VALIS-Engine」で分析し、潜在的に生活者が興味・関心を持つ広告を高精度でタイムリーに提供する。

  • 2019

    1月 VALIS-Cockpit 関連技術の特許を取得

    マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」において、コア技術及び今後搭載予定の機能を実現する技術に関する特許(特許第6435426号)を取得。

    2月 健康経営優良法人2019 ホワイト500認定

    グループ会社のソネット・メディア・トレーディング株式会社(以下SMT)とともに、経済産業省と日本健康会議が共同で選定する「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」に認定された。「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」は、保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人を2020年までに500社認定するものである。

    2月 ソネット・メディア・トレーディング(株)メディア支援プラットフォーム「Ballooon(バルーン)」提供開始

    新着記事・アーカイブ(過去)記事を含む大量のコンテンツを保持し、「コンテンツデリバリー機能」、「特定キーワードによる記事取得機能」、「データ分析コンサルティングの提供」、「マネタイズサポートの提供(記事広告支援)」などの機能を搭載。コンテンツ量を国内最大規模に拡大していきながら、メディアの活性化に貢献するメディア支援プラットフォームを目指す。

    3月 東証一部上場

    7月 デジタルチケットプラットフォーム Wallabee提供開始

    SMNが提供するマーケティングプラットフォームと、株式会社ジェイアール東日本企画が連携したデジタルチケットプラットフォーム。店舗やイベントなどのリアルシーンにおけるチケッティングで利用可能となっており、リアルタイムでチケット利用実績の把握も可能となっている。

    8月 株式会社ASA 子会社化

    宮城県仙台市を拠点にWebサイト、モバイル(Webアプリケーションなど)をはじめとするデジタルコンテンツの制作および開発を行っている株式会社ASAの株式を取得し、子会社化。ASAが保有するサービスや顧客接点をSMNの事業戦略へ反映することで、更なる事業規模の拡大を目指す。

    9月 ネクスジェンデジタル株式会社 設立

    SMNが従来の事業で構築してきた「技術力」と「運用力」を、自社内のサービスに留めることなく、他社のプラットフォームやソリューションとも連携し、環境変化が著しい企業のマーケティング課題に対して、課題解決領域の拡大をはかる目的で設立。SMNと他社のマーケティングソリューションを戦略的に組み合わせることで、最適なコミュニケーションプランニングを担い実行する。

    10月 社名変更

    設立からこれまでの成長の歴史と、新たな取り組みの融合を目指したブランド力の強化を目的として、社名変更を実施。合わせてCIロゴも刷新。

    11月 VALIS-CPX提供開始

    ソニーグループの優れたテクノロジーを持つ入札最適化エンジン「VALIS-Trader」によって、人工知能(AI)による高精度予測とロボット・トレーディング(完全自動運用)を実現した成果報酬型DSP。
    コンバージョンを最適化するとともに、Logicadとの併用配信によりアップセルを実現する。

    11月 タイアッププランニングサービス「SPAN」とメディア支援プラットフォーム「Ballooon」の連携開始

    「SPAN」は、ユーザー分析に基づき、タイアップを実施するメディア及び、コンテンツのプランニングを行い、潜在顧客の誘導を、企業(広告主)に対し支援するサービスである。本連携により、企業のサイトにアクセスしているユーザーを分析し、そのユーザーの興味関心に基づき、「Ballooon」参加メディアから相性の良いユーザーを保有するメディアのマッチングを行い、企業のタイアップ広告に対する総合的な支援が可能となった。